美容院VIAURAの店長ブログ
お店の事、気になる美容業界のニュースなどを綴ります

自分に合わないリップを選んでしまったら

リップは顔の印象をガラッと変えてしまいますよね。
みなさんは、自分に合ったリップを選んでいますか?

一つに赤色といってもいろいろなカラーがあります。
暗めの赤もあれば、とても明るい赤もあります。
他の色も同じです。
自分に合ったリップを選ぶ事でメイクの良し悪しは決まってきます。

もし、自分に合わないリップを使用すれば、鏡で見たあなたの顔はこう感じると思います。
・疲れ顔に見える
・不健康そう
・肌がくすんでいるように見える
・シミやそばかすが目立って見える
・目元のシワやクマが目立って見える

どんなに綺麗にメイクをしてもリップのカラーを間違えるだけでも台無しになってしまいます。
リップのカラー選びはしっかりと選んでいきたいですよね。
そこでリップにはどのようなカラーがあり、どのようなカラーが自分合っているのかを紹介していきたいと思います。

リップの種類と、自分の合った色

人の肌は大きく2タイプに分かれています。
まずは黄色が強い色の人と、青いタイプの肌です。
それと同じようにリップにもベースカラーが黄色と青があります。
自分の肌のベースが何色なのかでリップのカラーも使い分けていきましょう。

リップのカラーですが、基本的には黄色はコーラル、サーモン、ピーチ、シェルです。
そして青色はベビー、チェリー、ローズ、フューシャとなっています。
濃い色から薄い色、中間まで様々なカラーがあります。

自分の肌のベースが濃い目に出ている人は濃いカラーが似合います。
逆に薄い人は薄いカラーという風になります。

そこで、鏡を見ても自分が何色の肌のベースかわかりませんよね。
見分け方としては、ゴールド、シルバーでわかります。
ゴールドの衣装が似合う人はイエローベースです。
逆にシルバーが似合う人はブルーベースという事になります。

肌ベースがわかったらカラーも断然選びやすくなりますよね。
ですが、いろいろなメーカーのリップがあります。
どのような商品を選んでよいのかわからなくなったら、口コミやランキングを参考にするのも良いですよね。
それでも悩む人は、化粧品コーナーにいるスタッフに相談する事が確実に自分に合ったリップを手に入れる方法となっています。

また、4つのシーズンでもカラーに違いがあります。
4つのシーズンスプリングタイプ、オータムタイプ、サマータイプ、ウィンタータイプとなっています。
それぞれの季節で演出する印象が違います。
面白いので一度チェックしてみてくださいね。
季節によってリップを使分けるのも上級者ですよね。

冒頭で紹介したように、リップ一つで印象は大きく違ってきます。
自分に合った良いリップと出会いたいですよね。

アイシャドウで変わる人の印象

人の印象って目元で決まると思いませんか?
第一印象を強く訴えるのは目だと言われていますし、初対面の人は相手の目から見るとも言われています。
目元はアイシャドウ一つで綺麗に演出する事ができますよね。

今回はアイシャドウの正しいメイク法を紹介していきたいと思います。
魅力的な目元を作りたいと感じた人はぜひ、お読みくださいね。

アイシャドウの使用方法

アイシャドウに必要なのは塗る場所をしっかりと知っておく知識とアイシャドウを塗る道具を上手く利用できるか、そしてどの色をどの位置で塗るかというグラディエーションの役割を知っておくという事です。
まずは、基本的にアイシャドウを塗る場所はアイホールです。
アイホールは目を閉じた時にわかるのですが、目の端と端を半円状に囲んでできる場所です。
目を閉じるとすぐにわかると思います。そのアイホールにアイシャドウを塗っていきます。

そしてカラーの役割ですが同じ色でもハイカラー、ミディアムカラー、メインカラーとわかれています。
上から順に明るいものから濃くなっていくと思えば良いです。

ハイカラーは目元の明るさを出してくれるカラーで明るくラメが入っているカラーもあります。
ミディアムカラーは少し薄くなっていてグラデーションを作る為に必要です。
そして、メインカラーは一番国、目のキワに塗っていきます。このように塗れば綺麗な目元が出来上がります。

ここで注意したいのは、アイシャドウを塗る際に使用する、ツール(道具)です。
目に負担を掛けずにしっかりとムラのできない道具を使用する事が大切になってきます。

ツールにはアイシャドウブラシというものがあります。
タイプ4タイプあり、一番大きいブラシは主にハイカラーに使用します。広範囲を塗る事ができます。
一番小さなタイプは目のキワなど、細かい部分を塗る時に最適です。

最後にチップというものがあるのですが、チップはブラシよりも綺麗に発色させるので濃いカラーを塗る時に良いですよね。
基本的なアイシャドウの塗り方使用方法は以上です。
これだけをしっかりと守っていけば、初心者でも簡単にアイシャドウを使いこなせると思います。

カラーはいろいろとありますが、昔から安定して人気は茶色ですよね。
茶色はシンプルに濃い目元を作ってくれるので初心者の方はまず茶色を使ってみると良いですよ。

良いアイシャドウ商品を選ぶには

アイシャドウで綺麗な目元を手に入れていきましょう。
慣れてこれば自分に合ったカラーや行く場所、お出掛けや会社用などカラーを使いこなせていけると思います。

インターネットではいろいろな商品の口コミやランキングを見る事ができます。
どの製品のアイシャドウが人気かまずはインターネット情報でチェックするのも良いですよね。
ぜひ、一度チェックしてみてくださいね。

ファンデーションの役割や効果

今では男性もメイクをする時代になってきましたよね。メイクといってもいろいろなメイク方法や種類があります。
今回はファンデーションを選ぶコツを紹介していきたいと思います。

ファンデーションは、綺麗な肌に見せる化粧の中では最も重要なメイクではないでしょうか。
ファンデーションでは肌を綺麗に見せるというだけではなく、シミやそばかす、シワまでも隠せる、誰でもできる若見せ術でもあるのです。

ですが、自分に合ったファンデーションを使用しないと肌がくすんで見えたり、顔だけ浮いて見えたり、逆に損してしまう場合があります。
価格が高いから良いファンデーション、使っている成分が良いから良いファンデーションという訳でもありません。

ファンデーションの種類

まずは、ファンデーションには大きく4つのタイプに分かれています。
一つ目はパウダーファンデーション、粉末状のファンデーションをパフで広げて塗っていくタイプになります。

そして、リキッドファンデーションは、乳液のようなトロッとしたタイプで非常にカバー力の高いファンデーションです。
それからクリームファンデーションです。
クリームファンデーションは油性の成分で出来ていて保湿力が高いので乾燥肌の方へオススメです。

最後はルースファンデーションです。
サラッとした粉が容器に入れられています。
パウダーファンデーションと似ていますが、パウダーファンデーションは粉が固められていますが、ルースファンデーションは粉をそのまま塗っていくようなタイプになります。

ファンデーションの大切さ

このように乾燥肌の人やシミがある、ニキビがあるといった自分の肌の状態を見極めて使用するタイプのファンデーションを選んでいきましょう。
また、年齢によってもファンデーションは使い分ける事をオススメします。
10代の肌の綺麗な方にはなるべくファンデーションを使用しない事をオススメします。

その理由としては、ファンデーションを日中塗っていると、どうしても肌に負担がかかってしまいます。
ファンデーションを使用しすぎてしみの原因になったという事例はたくさんあります。
カバーしたい悩みがない人はファンデーションの使用を控えていきましょう。

最近のファンデーションはとても画期的で、塗りながら肌を紫外線から守ってくれたり、オールインワンのファンデーションまであります。
化粧水、乳液、化粧下地、ファンデーション全てが1本で完了するという商品まであります。
メイクする時間がない、近くまでのお出掛けという人には良い商品ですよね。

このように自分の年齢、生活、メイクを使う頻度、そして肌質がどのようになっているのか、という事で自分に合ったファンデーションを選んでいきましょう。
自分に合ったファンデーションを使用する事でよりいっそう綺麗な自分になれますよ。