美容院VIAURAの店長ブログ
お店の事、気になる美容業界のニュースなどを綴ります

私たちVIAURAが目指しているのは、
「本当にお客様に喜んで頂けるお店作り」です。
これは文字通り耳にタコが出来る程、
私はこのブログの中でお伝えしてきたのですが、
実際にこれが最も重要な項目であるという事を、
新人として入ってきたスタッフにも理解してもらわなければならないのです。

これはあくまでも私の持論ですが、
若い人ほど人生経験が浅いので、
それ故に様々なシチュエーションで活用する事の出来る教訓と呼ばれるものを、
あまり知らないのです。
逆に多くの大人が若い時は失敗しても良いから色々な事に挑戦するマインドを持てという理由は、
そんな失敗や成功などの経験から学び得る事の出来る教訓を掴むために、
失敗を恐る事なく前進するチャンレンジ精神が必要であるのだと悟っているこの頃ですが、
やはり若い人にとってもこれらのマインドはしっかり学んで言って欲しいと願いばかりです。

特に今回雇用した3人のスタッフは、
3人とも20代という若い人材です。
専門学校上がりの優れた技術は持っているのですが、
何しろまだまだ大人としての経験を積んでいない3人なので、
これから苦労する事は多々あるとは思います。

ただ以前私が店長として3人に伝えた事の中に、
例えどんな失敗をしたとしても、
最後はお客様に喜んで帰って頂く事を考えなさいと指導しました。
これはやはりどんな場面であっても思い出さなければならないマインドなのです。

おそらくこのマインドを20代のうちに自分の中に染み込ませることの出来る人材は、
将来どんな道でも必要とされる人材に育つ事は間違いありません。
特に新人スタッフの中には、
将来的に自分のお店を持ちたいと語ってくれた人材もいます。
彼の場合は、
今の段階では経営者としての器などを知っているわけもなく、
ただ1人の美容師として立派な人材になる事を先決して努力しています。

やはりこれは私が1人の社員として美容師をやっていた頃にも思っていたのですが、
1人の美容室の経営者になるためには、
1人の美容師としての道をまずは極めなければならないという事を知っていました。
これは美容師に限らず、
例えば飲食店の経営者になるためには、
まずは1人のスタッフとして飲食店におけるスタッフとしての技術を磨き上げ、
その上で経営者として独立する。
私はどんな業界でも、
このプロセスが無ければ、
経営者として成功する事は無いと考えています。

これはあくまでも持論の経営論ではありますが、
自分が志す道を極めずして、
いかにして他の人をその道に誘うかという事だと思います。
結局は、
自分自身が美容師としての道を極めていなければ、
私がここの店長になった時に立てた「お客様に本当の意味で喜んで頂けるお店作り」というモットーを引き出す事が出来なかったと思います。

やはりこのモットーを組み立てたのには理由があり、
それは1人の美容師として働いていた時期に、
店長や先輩方から、
私自身の接客態度や仕事に対する姿勢について、
こっ酷く怒られたからです。
ここで嫌な思いをしていなければ、
おそらく経営の際に、
もっと接客サービスの質を良くして行こうとは考えなかったと思います。
今、
私が1人の経営者として成功への道を歩み続けている要因には、
見習い時代に色々と苦労した経験があったからこそと考えているのです。

そのため私たちのところに新しく入ってきた新人スタッフに対しては、
時には非常に厳しく接する事もあると思います。
しかしそれはあくまでも彼らの将来のために、
今の時期にきちんと叱るという愛情でもあるという事も忘れては欲しくないと願っています。
私の考える素敵なお店作りは、
こういう形で入っていきたいと思います。

新しい人材を迎えて今後新たにスタートを切っていくVIAURAですが、
店長の私としても非常にワクワクしていて嬉しい限りです。
ちなみに新しい人材の面接の方は無事に終了し、
最終的に3人のスタッフを新たに採用する事に決めました。
以前の記事から見てお分かり頂けたとは思いますが、
私の場合、
結構厳しい観点から人材をチェックしては、
必要無いと感じたら容赦なく切り捨てるところがあります。

もちろん一度採用したスタッフの場合は、
家族のように接しているので、
そんなに簡単に手放す事はありません。
自分で選んだ人材でもあるという事と、
私どもが考えているモットーを理解してくれる数少ない人材を残しておきたい気持ちがあるからです。
しかし採用する前の段階であれば話は別物です。
実際にはまだ私たちの働いている美容院のスタッフにはなっていない人材なので、
その人がいくらここで仕事がしたいと言っても、
そう簡単にはOKサインを出す事が出来ません。

こちら側としても、
将来を牽引する人材を選ぶという事で、
死ぬ気で人材を選んでいるのです。
この時に妥協してしまうと、
その後の美容院全体の運営に関わってくることにもなる可能性があります。
私たちが考えている役目としては「本当の意味でお客様に喜んでもらう」という事を企業理念にしているので、
本当の意味で喜んでもらうためには、
しっかりとした技術力、
そしてサービス精神、
持ち前の明るさなど、
様々な要素が組み合わさっていない人材でなければ、
そう簡単に仕事を任せるわけにはいきません。

ちょっと情熱的すぎると思われる方もいるでしょう。
しかし、
熱意と言うのは非常に大切です。
実際にご利用いただいているお客様は、
それぐらいの気概で仕事をしているという事は理解していただけると思います。

実際に採用した3人の新人スタッフ達には、
まずは私たちが大切にしている経営理念について、
考え方自体を学習してもらう時間を取る事にしました。
まず一番に大切にしなければならない事は、
企業理念の理解です。
この企業理念を理解するためには、
実践の場でその言葉の重さを学んでもらう事になります。

そこで私は、
現在働いているスタッフにも協力してもらい、
実際の接客シーンを想定しながら接客態度やマナー、
姿勢に関する細かい指導をしてもらう事にしました。
これにはさすがに新人スタッフも根を上げてしまいそうな表情でしたが、
本人達としては私たちの美容院で仕事をしたいという気持ちが強かったようで、
やや厳しめの新人研修にもくじける事なくついてきてくれました。

今後、
3人には実際の現場に出てもらい、
そこで本格的な実践練習をしていただくことになります。
この場での訓練が、
3人にとって成長していくための一番の近道にもなるのです。

また今回の新人研修の場では、
以前お客様からご指摘頂いた点などもきちんと理解して頂くために、
シチュエーション毎にお客様にどのように対応するべきなのかの、
対応訓練も実際に行いました。
この訓練では、
より実践的に接客スキルを磨く事ができるので、
新人スタッフの皆様には、
これらの方法を使って是非とも明るいワークライフを送って頂きたいと思います。

やはり、
私たちはいついかなる時でも、
お客様の満足度を優先させ、
お客様に本当の意味で喜んで頂ける経営理念を崩す事はありません。

しかしこの経営理念があり、
また幾多の改善すべき点を見つけ、
直していったことにより、
徐々にお客様が増えてくるようになりました。

そして最近では、
お客様の予約で毎日いっぱいになっているので、
スタッフの数も正直足りないぐらいの勢いが出てきました。
美容室を経営していてこれだけ忙しくなるという事は、
店長としてはとても幸せな事です。
事実、
私も20代の頃にこの業界に入り、
その頃からいつか自分の店を持って、
店長として沢山の人を幸せにしたいという思いがありましたので、
その思いが通じた結果、
今のような形で私どもの美容院をヒットさせる事が出来るようになりました。

もちろん今の繁盛をもたらしてくれたのは、
創業期に手伝ってくれたスタッフ、
現在のお客様へのサービスマインドを絶やさず持っているスタッフ達の協力があったからこそ果たす事が出来たのですが、
やはり一番重要だった事は経営理念だったと今では感じております。

まだまだこれからの美容室ではありますが、
今後もどんな状況下であろうとも、
お客様を喜ばせたいという気持ちだけは忘れないで仕事していきたいと思っております。

なぜならこの美容院を成長させてくれた最も大きな要因は、
やはりこの「お客様を本当の意味で喜ばせたい」というマインドそのものであったと実感しているからです。
やはり経営理念というものは正しい経営をしていくためには絶対に必要な事のひとつです。

しかしこのモットーを貫き通すためには、
おそらくこれからの時期が最も大変になってくるのです。
なぜなら仕事というものは、
忙しくなればなるほど、
ひとつひとつの仕事に対する密度が薄れていくからです。
私達も人間なので、
あまりにも疲れている時の接客はとても見ていられないほどの物になる事もあります。

しかし今後どんどんと忙しくなっていく中で、
サービスに対する質を向上させ続けるという事は非常に難しい事です。
しかし私は店長として以前スタッフに一喝した事があります。
それは、
VIAURAを本当に愛しているのかを確認するためです。
本当にここで働いている事を誇りに思い、
そこで仕事を全うしたいという姿勢があるのかどうかを、
スタッフ1人1人に面と向かって問いかけてみたのです。

中には私の熱意に引いてしまうスタッフもいたのですが、
徐々に真剣に考えるようになりつつあります。
おそらく経営という道は非常に長く険しいものではあるとは思います。
しかしその中で学んだ事は次々と業務に反映させ、
どんなに忙しい時であっても、
「お客様に本当の意味で喜んでもらえるお店作り」を、
これからも続けていきたいと考えております。