美容院VIAURAの店長ブログ
お店の事、気になる美容業界のニュースなどを綴ります

自分に合わないリップを選んでしまったら

リップは顔の印象をガラッと変えてしまいますよね。
みなさんは、自分に合ったリップを選んでいますか?

一つに赤色といってもいろいろなカラーがあります。
暗めの赤もあれば、とても明るい赤もあります。
他の色も同じです。
自分に合ったリップを選ぶ事でメイクの良し悪しは決まってきます。

もし、自分に合わないリップを使用すれば、鏡で見たあなたの顔はこう感じると思います。
・疲れ顔に見える
・不健康そう
・肌がくすんでいるように見える
・シミやそばかすが目立って見える
・目元のシワやクマが目立って見える

どんなに綺麗にメイクをしてもリップのカラーを間違えるだけでも台無しになってしまいます。
リップのカラー選びはしっかりと選んでいきたいですよね。
そこでリップにはどのようなカラーがあり、どのようなカラーが自分合っているのかを紹介していきたいと思います。

リップの種類と、自分の合った色

人の肌は大きく2タイプに分かれています。
まずは黄色が強い色の人と、青いタイプの肌です。
それと同じようにリップにもベースカラーが黄色と青があります。
自分の肌のベースが何色なのかでリップのカラーも使い分けていきましょう。

リップのカラーですが、基本的には黄色はコーラル、サーモン、ピーチ、シェルです。
そして青色はベビー、チェリー、ローズ、フューシャとなっています。
濃い色から薄い色、中間まで様々なカラーがあります。

自分の肌のベースが濃い目に出ている人は濃いカラーが似合います。
逆に薄い人は薄いカラーという風になります。

そこで、鏡を見ても自分が何色の肌のベースかわかりませんよね。
見分け方としては、ゴールド、シルバーでわかります。
ゴールドの衣装が似合う人はイエローベースです。
逆にシルバーが似合う人はブルーベースという事になります。

肌ベースがわかったらカラーも断然選びやすくなりますよね。
ですが、いろいろなメーカーのリップがあります。
どのような商品を選んでよいのかわからなくなったら、口コミやランキングを参考にするのも良いですよね。
それでも悩む人は、化粧品コーナーにいるスタッフに相談する事が確実に自分に合ったリップを手に入れる方法となっています。

また、4つのシーズンでもカラーに違いがあります。
4つのシーズンスプリングタイプ、オータムタイプ、サマータイプ、ウィンタータイプとなっています。
それぞれの季節で演出する印象が違います。
面白いので一度チェックしてみてくださいね。
季節によってリップを使分けるのも上級者ですよね。

冒頭で紹介したように、リップ一つで印象は大きく違ってきます。
自分に合った良いリップと出会いたいですよね。

Comments are closed.